椅子を生まれ変わらせたい!自分で張替え方法のポイントなど役立つ雑学を紹介

当サイトでは古くなったり汚れたりした椅子を新しく生まれ変わらせたい場合に役立つ、自分で張替え方法のポイントなど役立つ雑学をご紹介しています。
専門業者に修理やリフォームを依頼した際の相場費用も解説しています。
どのくらいの費用がかかるのか気になる人におすすめです。
また専門の業者に任せる前に確認すべき点も紹介しています。
後から後悔することのないよう、業者を利用するなら知っておきたい内容となっているので必見です。

椅子を生まれ変わらせたい!自分で張替え方法のポイントなど役立つ雑学を紹介

椅子の張替えにはどのような工程があるのか、という疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
椅子を貼り換える場合には、まず古い生地を取り除きます。
そして古い生地を元に、新しく貼り換える生地を用意します。
好みの布を同じ形にカットして作るのが特徴です。
それが出来たら、生地を剥がした椅子に新しいものを張っていきましょう。
初めに仮止めして調節し、確認してから留めてあった部分を参考にして、新しい布をタッカーで留めます。

張替え前に知っておきたい!どうして椅子が傷んでしまうのか?

古い椅子のダメージが気になって張替えを検討している人もいるのではないでしょうか。
長年使用してきた椅子に対して愛着があったとしても、傷んだり汚れたりしているとそのままにしてはいられません。
しかし張替えをすれば、キレイに蘇らせられる可能性があるため諦めることはないでしょう。
とはいえせっかく張り替えるのならば、なぜ傷むのかを知っておくと傷みにくい使用方法も分かり今後のために役立つ可能性があります。
長く使用してきた場合、クッションにダメージが積み重なりへたりにつながります。
いつも同じところに座っていると一部だけが劣化することも多く、そうするいびつな形状に見えやすいです。
また布地が伸びてしまうと、シワが出来ることも少なくありません。
人が腰かける際には椅子の布地と衣類などが擦れて、布地自体も薄くなっていきます。
これらのような原因が積み重なって椅子は傷みます。
もしフレームに問題がないのなら、張替えで対処可能です。

傷んだ椅子を張替えるメリットとは

椅子は毎日座ることが多いことから、比較的傷みが早い家具でもあります。
傷んだものを使用している場合、さらに悪化してしまうほか見た目も悪くなってしまいます。
そのため張替えを検討しますが、椅子の張替えには様々なメリットがあります。
まず張替えを行うと、自分が思っていた以上に部屋の印象が変わり、空間そのものがリフレッシュします。
以前と同じ形状であるにもかかわらず、使用する生地で雰囲気が変わるため新品のようになり、気持ちを一新することができます。
また満足度も高くなります。
もともと大切に使ってきた椅子をリフレッシュするので罪悪感がなく、物を大切にできたという満足感を得ることができます。
愛着も沸くので今後も大切に使おうとする気持ちも芽生えます。
このほかライフスタイルに合わせて張替えることができます。
自分の好みは日々変わっており、その時々によって異なります。
気分によって変えることができるので、より満足度の高い部屋を作ることができます。

椅子の張替えは専門業者へ任せるのがベスト

椅子を廃棄してする原因はさまざまですが、表面部分の生地が傷んでしまったケースが非常に多いとされます。
そして、そのダメージは長年の使用で生地がすり減ってしまったり、クリーナーが生地を損傷してしまうことなどが起因になります。
長く使ってきた大切な椅子やソファは、職人に張替えを依頼するのが最も良い選択です。
DIYよりも高めの費用が発生するデメリットがありますが、自力で取り組むよりも正確な修理が行われますし、失敗してやり直したり、生地が足りなくなってしまうなど無駄な手間や追加コストが発生しません。
素材を自由に選べるのも大きな利点です。
例えば、長持ちしない合皮から張替え作業が難しいとされる本革に変えることもできますし、メンテナンスがたいへんという理由で本革を合皮に変更することも可能です。
もちろん、布や織物のファブリックを選択することもできます。
また、椅子に精通した職人に任せれば、座り心地を良くして欲しいというような一歩踏み込んだ要望への対応も的確に行われるでしょう。

専門業者業者へ椅子の張替えを依頼する流れ

椅子の張替えの依頼は実店舗で行うかオンラインで行うかで手順が異なりますが、概ね以下のとおりです。
まずは張り替えて欲しい椅子の状態を業者側に伝えなければなりませんので、現物をお店に持ち込む、あるいは出張してもらう、オンラインに限っては写真を送付するのいずれかの手段で対応します。
写真送付の場合は同時にサイズも伝達するのが基本です。
その後、張替え後の生地を選択することになります。
実店舗ならば生地の現物を確認できるのが原則ですが、出張による査定やオンラインで依頼する場合は、カタログから好みのものをチョイスします。
次の段階としては、業者側からの見積もりの提示です。
見積もりの料金に納得できたならば、正式に椅子の張替えを依頼することになります。
店舗への持ち込みや、出張査定ならばあとは現物を引き取ってもらい、張替え作業の完了を待つのみです。
それに対し、オンラインの場合はここから椅子の発送が必要になり、送料の負担も問題になります。
送料は無料な場合もありますが、物流コストが上がっている現在、有料であるケースが増えています。
発送が完了すれば、業者からの返送を待つのが流れです。

に関する情報サイト
椅子張替えのポイント

当サイトでは古くなったり汚れたりした椅子を新しく生まれ変わらせたい場合に役立つ、自分で張替え方法のポイントなど役立つ雑学をご紹介しています。専門業者に修理やリフォームを依頼した際の相場費用も解説しています。どのくらいの費用がかかるのか気になる人におすすめです。また専門の業者に任せる前に確認すべき点も紹介しています。後から後悔することのないよう、業者を利用するなら知っておきたい内容となっているので必見です。

Search